新型コロナウイルス感染症対策基本方針

大阪大学生活協同組合


当生協では対策本部を設置し、基本方針に基づき対策にあたっております。組合員の皆様も日常生活の中で感染予防を実施いただき、お体ご自愛くださいますようお願いいたします。

 

感染予防基本方針
新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い、感染リスクを高めないための対策を強化・徹底をします。
生協では専務理事を本部長とする対策本部を設置し、情報収集と対策の指示・周知徹底を図ります。


対応方針
1.生協役職員および家族
・感染しないための対策を徹底し、万一罹患した場合や罹患が疑われる場合は、感染を拡大させないための対策を講じる
(1)感染症予防対策の徹底
① 手洗い・アルコール消毒・うがい・咳エチケットの励行
② マスクの適切な着用
③ 本人・家族の体調管理への通常期以上の配慮
④ 発熱時・体調不良時の医療機関への相談や受診
(2)発熱などにより罹患が疑われる場合
① 出勤しない・させない判断を行う
・自宅での検温を励行し、発熱時は出勤する前に上司に出勤について判断を仰ぐ
・決して無理な出勤をしない・させない
(3)罹患が判明した場合の対応
① 就業禁止の判断を行う
・本人または医療機関が、都道府県に届け出た場合は就業禁止とする
・上長は、職員が罹患したことについて、速やかに専務理事に報告する
② 就労復帰の判断
・就労復帰に関しては医師および専門機関の指示に従う
③ 大学等への報告
・大学へ報告し、必要な協議をする
(4)家族等の罹患により濃厚接触が疑われる場合
① 出勤の取り扱い
・当該職員に対して自宅待機を命じ、有給休暇の取得を推奨する
(5)大学の休講等により閉店・休業する場合
① 出勤、在宅勤務、自宅待機等の指示
・専務理事が状況に応じて出勤や自宅待機などを指示する


2.イベント開催時の対応
・感染拡大のリスクを十分に考慮したうえで実施を判断し、実施する場合には感染予防の対策を講じる。
(1)新入生説明会等のイベント
① 手洗い・アルコール消毒・うがい・咳エチケットの励行
・運営者、参加者問わず励行する
② マスクの適切な着用
・運営者・参加者問わず着用の徹底と配布
③ 発熱等の体調不良者の来場自粛要請
・運営者側含め、発熱等の体調不良者の来場自粛を要請する
④ 発熱等の体調不良者発生時の対処
・隔離したうえで医療機関に相談または受診を促す


3.店舗・食堂・その他事業所での対応
・従業員については「石鹸手洗」を1時間毎に励行する(購買・食堂共、企画運営学生も)
(1)手洗い・アルコール消毒の励行
① 手洗い場所の周知および呼びかけ
② アルコール消毒液の設置および呼びかけ
(2)職員出勤時のコロナウイルス対策体調管理チェックの実施
① チェック表に基づき各職場でのチェックの実施
(3)従業員が発症しその直前に職場で勤務していた場合の措置
① デスク等の適切な消毒による清掃実施