TOP > 書籍・教科書・資格> TOEIC

TOEIC L&R公開テストお申込み手順

【TOEIC公開テスト:生協カウンターでの受付について】
この間、新型コロナウイルスの影響により受験場所に制限がかけられ、TOEIC公開テストの申し込みが困難な状況が続いています。
大阪大学生活協同組合では、当面の間、団体一括受験申込の受付を中止することになりました。
お申込みを予定されていた皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。
TOEICの申し込み状況が改善された段階で、申込受付を再開いたします。
受付再開については、改めてホームページでご案内差し上げます。

組合員価格 6300円(一般価格6490円)とお得に公開テストが受験できます。
●受験申込みの詳しい手順はこちらを参照ください。【PDFが開きます】

▶豊中:豊中キャンパス豊中福利会館2階豊中書籍ショップ
▶吹田:吹田キャンパスセンテラス2階キャンパスサポートセンター内旅行サービスセンター

本部前福利会館本部前ショップ

▶箕面:箕面福利会館1階シャンティ内


TOEIC公開テスト受験申込書ダウンロード

こちらからPDFをダウンロードできますので、プリントアウトし、必要事項を記入の上記生協カウンターへ受験料を添えてお申込みください。

●受験申込書ダウンロードはこちら 【PDFが開きます】
【テストスケジュール】

TOEICR Listening&Reading Testとは

「TOEIC」とは、Test of English for International Communication(国際コミュニケーション英語能力テスト)の略称。英語を母国語としない人を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を評価するための試験で、世界約90ヵ国で実施され、年間のべ約500万人が受験しています。


TOEICテストは、結果合否ではなく、10点から990点までのスコアで評価されます。評価の基準は常に一定であり、受験者の能力に変化がない限りスコアも一定に保たれます。これにより受験者は正確に現在の英語能力を把握できたり、目標とするスコアを設定することが可能になります。ListeningとReadingという受動的な能力を客観的に測定することにより、SpeakingとWritingという能動的な能力までも含めた、英語によるコミュニケーション能力を総合的に評価できるように設計されています。


近年、英語能力を計るスタンダードテストとして、TOEICが広く大学や企業などで使用されています。 大学では、1年生2年生で英語を履修しますが、むしろ3年生4年生の方が、英語学習が必要となります。大学院入試や就活などの場面で、TOEICなどのスコアが要求されます。 さらに現在は、大学院や就職後の方が英語能力をより必要とする場面が多くなります。 英語の継続学習と大学時代に最低2回はTOEICを受験され、学習進捗判定や能力判定にご利用される事を強くお薦め致します。


◆大阪大学生協より 大学時代にTOEIC700点以上を目標にされる事をお薦め致します。 残念ながら、大学入学時をTOEICスコアに置きかえると、多くの方が、お薦めするスコアには届いていないのが現状です。 TOEIC700点以上の英語能力とは、【英語圏で制作された映画を字幕なしで鑑賞できる】レベルです。 社会人として研究者として、世界で活躍できる成長を目指してください。