学内TOEIC L&R・公開TOEIC L&R

公開TOEIC L&R

学内でお申込みが可能です!

公開TOEIC
▲公開TOEIC L&R詳細へ

英語の実力を客観的に表現したいとき、公式な点数として履歴書に書くことができるのは「公開TOEIC L&R」の点数です。公開TOEIC L&RはWebで申込みをし、受験地を選択し、指定された場所で受験します。

TOEIC L&R®公開テストは年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)全国80都市で実施します。


生協で申込むメリット

  • 生協の組合員なら組合員価格!一般の受験者よりお得に受験できます。
  • 学校に来たついでに、現金で申込みができる!(一般の受験者はWebからの申込みで、クレジット決済となります。)

TOEIC L&Rについて詳しくはこちら


生協での申込み方法

  • ●生協の旅行サービスカウンターにて申込書に記入の上、受験料を添えてお支払いください。
  • ●お支払いと同時に、「バウチャーコード」をお渡しします。※この時点でまだお申込みは完了していません。
  • ●指定の期日までに、Webから申込みください。※お渡しした「バウチャーコード」の入力が必要です。

ページTOPへ戻る

学内TOEIC L&R

学内TOEIC
▲学内TOEIC L&R詳細へ

「テストに慣れたいけど、毎回公開TOEIC L&Rを受けるのはお金がかかる・・・」 そんな人のために、大阪大学生協ではTOEIC L&Rの模試を行っています。もちろん公開TOEIC L&Rの同様、スコアも出ます。また外国語学部の方はこの「学内TOEIC L&R」の点数を単位認定に使うこともできます。

学内TOEIC L&Rのメリット

  • 公開TOEIC L&Rより受験料が安い!
  • 大阪大学の中で受験できるので、気軽!
  • 公開TOEIC L&Rに向けて、試験に慣れることができる!
  • 外国語学部の単位認定に利用できる!

学内TOEIC L&Rについて詳しくはこちら


申込み方法

  • ●生協の旅行サービスカウンターにて申込書に記入の上、受験料を添えてお申込みください。
  • ●控えをお渡しします。この控えが受験票になりますので、当日持ってきてくださいね!

ページTOPへ戻る

TOEIC L&R®テストとは

TOEIC L&Rテストは、さまざまな企業や団体で「コミュニケーション英語能力を測る道具」として活用されています。大学院入試の際にはスコアの提出が必要な学部もあります。自分で目標スコアを設定し、達成できるまで何度も繰り返しチャレンジしよう!

TOEICテストは、世界共通のコミュニケーション英語能力を評価するテストです。

TOEIC L&R(トーイック)とは、Test of English for International Communication の略称で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト。世界約150ヶ国で実施され、年間約700万人が受験。日本では2014年度約240万人が受験しています。


TOEIC L&R®テストの概要

◇リスニングセクション (45分・100問) 5点~495点
◇リーディングセクション (75分・100問) 5点~495点
◆トータルスコア (2時間・200問) 10点~990点

TOEIC L&R®テストの特徴

■コミュニケーション英語能力を正確かつ総合的に評価

TOEIC L&Rテストは和文英訳、英文和訳などの技術ではなく、身近な内容からビジネスまで幅広く「どれだけ英語でコミュニケーションできるか」ということを測ります。また、ListeningとReadingという受動的な能力を客観的に測定することにより、SpeakingとWritingという能動的な能力までも含めた、英語によるコミュニケーション能力を総合的に評価できるように設計されています。

■合否ではなくスコアで評価

TOEIC L&Rテストは、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されます。このスコアは常に評価基準を一定に保つために、一問何点といった正答数による素点ではなく、統計処理を実施し、素点を換算点に換えて算出されます。これにより能力に変化がない限りスコアも一定に保たれます。ですからTOEIC L&Rテストで、あなたの現在の英語能力を正確に把握したり、目標とするスコアを設定したりすることが可能になるのです。

■グローバルスタンダード

TOEIC L&Rテストは、世界約150ヶ国で実施されています。また、その国独自の文化的背景や言い方を知らなければ解答できないような問題は排除されていますので、世界共通の基準として活用することができます。

出典:TOEIC L&R STYLEBOOK  資料提供:財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

ページTOPへ戻る

TOEFL-ITPテスト対策もサポートしています

TOEFLテストは、主にビジネスの場面での英語力が問われるTOEIC L&Rに対し、大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定するテストです。ちなみに、大阪大学では1年生が英語の授業の一環としてTOEFL-ITPを受験しています。
阪大生協では、TOEFL-ITPテスト対策として、英語学習教材(無料セミナー付き)をご用意しています。総合的な英語力アップのため、TOEIC L&Rと併せての学習をオススメいたします!

TOEFL対策を始めよう!英語学習教材はこちら

ページTOPへ戻る

お問い合わせ先

お問い合わせ先

大阪大学生活協同組合 豊中旅行・サービスカウンター

  • 06-6857-1076
  • 410@osaka-univ.coop

(平日10:00~18:00)

ページTOPへ戻る

トップページへ戻る