英語学習教材

  • 阪大生の英語学習
  • 英語学習教材のご案内

阪大生には必須!?「英語力up」を図ろう!

阪大生には必須!?「英語力up」を図ろう!

ページTOPへ戻る

4年間で必要になる英語

大阪大学に在学するみなさんは、卒業時には当たり前のように英語を使うことが求められる時代になりました。また大学生活の中でも、年々英語を使う機会が増えてきています。 しかし今のみなさんにとって、英語力をつけることは難しいことではありません。受験で培った「高い英語の基礎力」を「使える英語」に変え、計画的に学習を続ければ、ハイレベルな英語を習得することができます。
まずは4年間で必要になる英語力を知り、それに備える学習をしていきましょう。

語学研修へ行こう 交換留学を目指そう 大学進学の為の英語 入学時の英語力にも格差 英語の評価も変化している 自己学習力を身につけよう 就職活動で求められる英語 より専門的な英語へ 社会で求められる英語

入学時の英語力にも格差が…

推薦・AO入試などが増加する一方、帰国子女の増加や、幼児からの英語教育を受けた学生もおり、入学時の英語力の二極分化が進んでいます。自信がない人は入学直後から計画的な英語学習をはじめよう。

英語の評価も変化している

大学の英語テストは、受験英語に代表される知識を問う問題から運用力・課題解決力とスピードが問われるタフなテストです。
また、TOEICテスト,TOEFL-ITP(学内TOEFL)テストを評価に使う学部もあります。
TOEICTOEFLについては各リンク先をご確認ください。

自己学習力を身につけよう

授業での学習だけでなく、必要に応じて自己学習することが求められます。新しい生活が始まる今、生活リズムの中に英語学習を取り込みましょう。

語学留学へ行こう

専門分野を学ぶための留学を目指す人でも、その前に語学研修として留学するケースは多くあります。留学する人が増えているからこそ、目的を持って行きましょう。

交換留学を目指そう

自分の専門分野を学ぶため、交換留学を目指す人も増えています。おもに英語圏への留学で必須になるのがTOEFLの点数です。
TOEFLについてはこちら

就職活動で求められる英語

留学や語学の自己学習をする学生が増えている今、就職活動では当たり前に英語ができる人材が求められています。特に日本の企業で必須とも言えるのがTOEICの点数です。
TOEICについてはこちら

大学院進学の為の英語

大阪大学の一部の学部学科では、大学院の入試の英語試験の代わりとして、TOEICの点数の提出を求めています。点数の指標は研究科によって異なりますが、多くの研究科で730点以上の点数が求められています。これは簡単に取れる点数ではありません。

より専門的な英語へ

学年が上がるにつれ、英語の論文を読んだり海外の研究室とやりとりする機会は増えていきます。また国際的な学会ではプレゼン力とともに、コミュニケーション能力も問われます。より専門的な英語が必要です。

社会で求められる英語

海外の支店や顧客とのやりとりなど、日本の企業においても英語を使う場面は格段に増えています。英語が当たり前に使えることで、活躍できるフィールドが拡がります。

※このチャートは一般的な大学における「学生の英語学習環境とニーズ」を解説したものです。あらかじめご了承ください。

ページTOPへ戻る

英語学習、はじめるなら受験直後の今がチャンスです!

4年間で使う英語がわかったところで、まずは英語学習の基礎を作りましょう。大学生活がスタートする今、新しい生活リズムに英語学習を組み込んでください。受験で培った高い英語力が落ちてしまう前に、「使える英語」に変えていきましょう。
阪大生協ではみなさんの英語学習のスタートをサポートする教材を語学出版社のアルクと共同開発しました。また新入生に英語学習の方法をレクチャーする、ワンコインセミナーも開催します。「英語学習」のきっかけにしませんか?

「英語学習教材のご案内」はこちら


「新入生のための英語学習セミナー」はこちら


ページTOPへ戻る

お問い合わせ先

大阪大学生活協同組合 豊中書籍ショップ

  • TEL:06-6841-4949
  • book@osaka-univ.coop

(平日10:00~18:00)

トップページへ戻る