トップページ > 阪大生協でかなえるキャリアステップアップ

阪大生協でかなえるキャリアステップアップ

阪大生協でかなえるキャリアステップアップ

大学生は、研究者や社会人になる為の準備期間です。
キャリア形成には、アルバイトやサークル活動、旅行などももちろん重要ですが、「自己啓発(学習)」も重要です。

運転免許

就職に不可欠!!キャリア形成に必須項目です。上級生になればなるほど教習所に通いにくくなります。
1年生のうちに取得されることをお勧めします。

運転免許取得

GW~夏休み期間が通学チャンス!

  • 入学期
    入学してしばらくは、新生活に慣れるまで何かと忙しい時期ですが、運転免許取得についても計画してみましょう!
  • 1年の春休み
    GWが明けると教習所は比較的すいてきます。夏休み中は集中して教習できるので、通学制の短期コースや、合宿教習に最適。
  • 1年の夏休み
    新年を過ぎると、高校生や、就職や進学の都合上卒業までにどうしても、という人でかなり混み合います。この時期なら短期コースや合宿制など、確実に教習が進められるコースがおすすめです。


留学

留学で身につけられるスキルは、
 ★コミュニケーション能力 ★語学力 ★バイタリティー ★ダイバーシティ(多様性) ★ストレス耐性
 と言われています。ぜひチャレンジを!

海外留学

授業のペースを早めにつかみ、旅行や留学にチャレンジしよう!

  • 4年間の流れをつかみ、最適な時期を考えておきましょう。
  •  海外短期語学留学・研修で英語のスキルアップ、異文化を体験しましょう。
    店頭、メルマガ、SNSで常に情報発信しています。1年生からの留学も可能です。
  • 旅行に行きましょう!今しか受けられない『感動』や『気づき』を感じることが大切。
    その『気づき』は大学生活に活かせます。
生協プログラムを多数ご用意しています。まずはカウンターでご相談ください。
「語学研修・留学相談会」日程はこちらから。
他にも下記イベントを開催します!保護者の方とのご来場も大歓迎です。


資格取得

できるだけ、大学生の間に取得をお勧めします。

難関資格は、早期学習開始をお勧めします。

  • 司法試験受験対策は、1年生、2年生で法律科目を学習し、上回生では、論文対策に注力する事をお勧めします。
    4年間で予備試験合格レベルに達すれば、仮に法科大学院に進学しても、学習期間や授業料軽減にもなります。

  • 公認会計士受験対策は、学習が長時間必要になりますので、2年生までには、学習をスタートする事をおすすめします。
    また、業務イメージを持つため、監査法人の見学(生協企画などで)も重要です。
    将来有名企業などの役員への経営指導業務など、やりがいのある業務ができるはずです。

  • 税理士受験対策は、科目ごとの試験合格になる為、長期受験計画をつくり、大学生の間には、数科目にチャレンジし、その合格を基に就職し、社会人なってから残り科目の合格といった様な計画も可能です。
    弁理士受験対策は、社会人になってから取得を目指す方が多いですが、出来るだけ大学生の間に取得し、就活の武器にされることをお勧めします。
    弁理士は理系の資格の最高峰で、意匠権・商標権などの出願手続、審判請求・意義申し立て手続きなどの代理業務、知的財産分野全般にわたるコンサルティング活動ができる資格です。

  • 公務員受験対策は、1年生、2年生では、大学での一般教養科目(法律、経済、英語など)を十分に学習して基礎学力をつけ、3年生からの対策学習をお勧めします。