食堂ミールプラン

  • ミールプラン概要
  • ミールプラン詳細
  • ミールプランが使えるよ食堂
  • 保護者の方へ
  • お申込み・ご利用の流れ
  • ICカードの運用・利用規則

阪大生・阪大院生の食をサポートする「ミールプラン」とは?

ポイント

  • 「ミールプラン」とは生協組合員証(生協電子マネー)のオプション機能で「阪大生の食をサポートする阪大生協」がおすすめする、学内の14店舗ある生協食堂を便利に、(使い方次第で)お得に利用できる「阪大生協組合員専用」ICチップ内蔵のカードを利用した生協食堂専用の精算システム(キャッシュレスカード)です。 予め一定の金額をお支払いいただくことで、一日の上限額まで選択した期間内毎日学内の生協食堂を利用できる、いわば「学内生協食堂利用定期システム」です。これさえあれば、『他のことにお金を使いすぎて、食費が足りない。。。』なんてことは回避できるのでとっても安心! ちなみに生協食堂では、授業期間中は朝食・夕食営業も行っています。また土曜日も昼食時間帯には営業し、阪大生・阪大院生の食を幅広くサポートしています。「初めてのひとり暮らし、生活費をやりくりしたりちゃんと自炊できるか不安・・・」という方も、ミールプランがあれば安心ですね。 「定期システム」と言うだけあって、上手に使えば、年間最大5万円以上も得するミールプランは自宅生にも大人気です。2018年度は約2,700人の阪大生・阪大院生が利用しています!
  • 学内14の生協食堂で利用できる、言わば「学食定期券」です。
  • 「1日上限900円プラン」と「1日上限500円プラン」にそれぞれ「12ヶ月タイプ」と「夏休みと春休みを除く8ヶ月タイプ」があります。
規則正しく

ページTOPへ戻る

利用者の声

  • 自宅からの通いですが、購入しました。ミールプランを持っていると、学校を休むと勿体ない気分になり、お陰で授業をサボることが減りました(*^^*)
  • ミールプランが結構高額で購入を迷ったが、先輩方の意見を聞いて、また、家が遠いので、毎朝のお弁当が大変だと考え、購入を決めた。
  • ミールプランを購入しました。とても役立ってます。大学で疲れて帰っても自炊する必要がないのがいいですね。食堂のご飯はどれもおいしいです。
  • 生協食堂は夕食もやってるので、食事の準備と食費で大助かりです。1 年経たずにモトとりました!
  • これがなかったら、忙しいからと言ってご飯を抜いていたかもしれない。
  • 手持ちのお金がなくとも食事が出来る!これは安心!
  • ミールカードを購入しました。昼ご飯を食べられないということがなくなるから安心です。
  • お昼御飯の食いっぱぐれはないし、先払いしているから安心。ミールプランって、全部の大学がやっているわけじゃないらしいから、私大の親から羨ましがられました。
  • 一人暮らしで栄養バランスの取れた食事を取るのに便利。元も取れそうです^ ^
  • ミールプランがあると、自炊だと料理しにくい魚もちゃんと食べれる!
  • ミールカードを使わなかったら買わなかったであろう野菜を摂るようになった。
  • 意識して野菜をとる習慣がついた。
  • 平日・休日ともに、十分健康的な食事をとれる。 購入していなかった場合、昼食などの料が減っていたと思う。
  • お得に食堂を利用できる。
  • 食費が浮く。
  • マイページで自分のバランスがわかるのが密かにすごい。
  • ケチらず正しい食事ができる。食事だけで限度額まで達しなければカフェで1 杯コーヒーを飲めたり、間食のパンを買えたりと応用がきくところもメリットです。
  • 毎月、新しい企画が出てくるのを楽しみにしています!このあいだの沖縄、九州フェアは美味しくて最高でした!


  • もっとミール利用者の声!

ページTOPへ戻る

保護者の声

  • ミールプランは自宅生ですし不要かとも思いましたが、利用して大正解でした。毎日楽しく食堂を利用しているようです。
  • ミールプランを迷いましたが、今は申し込んで良かったと思います。自炊するつもりでしたが、なかなか時間がないようで、本人も良かったと言っています。
  • ミールプランがあれば、仕送り前のお金がない時でも、とりあえず食事をすることが出来るため、親も子も安心できる保険のようなものです。
  • 意外にも野菜や魚、自炊できないものを食べていることに、そういうものがいただけていることに感謝しています。
  • ミールプランはいきなり一人暮らしで何もかもやっていくのは体が逆に疲れてしまいそうだったので毎日通う大学の食堂は安心で温かい物や冷たい物も提供もしてもらえるので申込は迷わずしました。まだ、2週間ですが毎日利用しております。頻度も昼晩や朝昼などおいしいようでこれは申込して本当によかったです。
  • 野菜のメニューが豊富で安価なので嬉しいです。野菜のメニューをよく食べているようです。今後ともよろしくお願いします。
  • 利用履歴を見て、今月も我が息子は生きている!と安心しております。
  • ミールプラン、金額面と栄養価レポートがいいと思いました。
  • 摂取栄養レポートを重宝しています。ひとり暮らしをしている子供がきちんと食事を摂っているか、栄養は摂れているかが分かるので、ありがたいです。
  • 子どもが何を食べているかわかるし、グラフで何が少ないかわかる。
  • 子どもが直接は感じてないと思うが、ミールプランの履歴を見ることで食生活を確認できるので良いと思う。
  • 何を食べているかわかるので、親としては安心できる。
  • 使用した時刻や詳細な食事内容は、親として興味もありますが、子供のプライバシー的なものを垣間見るようで、少々複雑ですが、それで親子がもめるようなこともないので、話のネタに、又それも良いかと思っています。
  • 初めての下宿生活で食事の事が心配でしたので、一日にせめて一食でもキチンとした食事がとれるようにとミールプランを申し込みしました。
  • ミールプランは、学校で昼食を、スムーズに、財布のお金を気にせずに食べる事が出来るので利用しました。昼食であまった時はパンを買って次の日の朝食にしたり、工夫して使っているようです。
  • ミールクーポンのおかげで、お昼をしっかり食べているみたいで安心です。総合大学だけあって人数が多いけれど 食堂も色々あって楽しみにしている様です。
  • 絶対にミールプランは必要です。
  • 当初は、賄い付きの学生会館を検討していましたが、ミールプランがあることを知り、マンションを借りることにしました。
  • いちいち、お財布を気にしなくてよいことと、お食事の内容がとてもよかったからです。試食の機会がとても良かったです。
  • 毎日必ず食事がとれる。
  • 学校での昼食が、お金がなくても必ずたべられる。
  • 毎日利用するものだと思い、“それなら便利でおトクのものを!”と思いました。
  • 必ずお昼は食べられる。
  • 本人も親も食事の心配をしなくてもいい。
  • お金が無くても、食いっぱぐれない。
  • 現金がなくても 食事がてきる。
  • 生活費が底をついても食事ができる。
  • 食生活の保障としてとても有効だと感じている。
  • 温かい食事がとれる。荷物にならない。
  • 本人にとっては、一日のうち、最低一度はきちんと食事をとる機会となっていること。保護者はその確認により、離れている子どものことを知る要素となっていること。大きなプラス面です。
  • 夕飯は、時間が遅くなる事が多く、一品作るのが精一杯のため、学食でバランスのとれた食事が摂れる。朝、寝坊しても、大学できちんと食べれる。
  • せっかく限度額まで食べれる権利があるので食堂でしっかり食べようという気持ちになっているのではないかと思います。栄養面では自分で調理できないものも食べれるので有り難いです。
  • 自炊ではとりにくい野菜や魚などがしっかりとれる。
  • 年間の食費が助かります。
  • 子供が大変喜んで利用させていただいている。
  • メニューが充実していて、いろいろなものを食べているようです。下宿生にとっては心強い存在だと思います。これからもよろしくお願いします。
  • いろいろとやりたいことがあるようで、資金を貯めるために、下宿生の子供がまず削るものが食費です。月々の生活費とは別物になるので、ミールカードを持たせておけば、健康面ではとりあえずは、安心。一人立ちの一歩に向けて、親からのささやかな応援です。
  • いつも美味しい食事をありがとうございます。入学初期、「学食のご飯が超おいしい!卒業したくない!」と言っていたほどです。(女子です)全く自炊をせず、毎日の栄養源が学食でいただく食事だけなので、本当に助かっています。今後ともよろしくお願いいたします。


  • もっとミール保護者の声!

ページTOPへ戻る

Q&A よくあるご質問にお答えします

「ミールプラン」は何人ぐらいの人が利用しているのですか?
2018年度は約2,700人の阪大生が利用している人気のシステムです☆
生協の組合員でなければ利用できないの?
ミールプランは、「阪大生協の組合員である事」が利用条件です。使い方次第で、大変お得になりますので、「阪大生協の組合員特典のひとつ」とお考えください。
学食の1回利用金額の目安が分からないので、500円プランや900円プランで足りるかどうか分からないのですが…?
あくまで平均値ですが、阪大生の1回の学食(昼食)利用の平均は400円~500円の間ぐらいです。
(仮に500円コースの場合)500円分食べきれずにもったいない気がしますが…?毎日定額近く食べないと損するのでは…?
「500円12ヶ月コース(2018年度版)」の場合、1日376円食べれば、元がとれるような価格設定になっております。又は500円分を212日食べれば元がとれるようになっております。(生協営業日は282日の予定です。)
ですので、「毎日500円までいかないともったいない」ということはありませんので、ご安心ください。
他、賢い利用法として、利用者の中には、残額を翌日の朝用のパンやジュースを買ったり、カフェ利用する等して、上手に使っている方もいるようです。
毎週土曜日に使わなければ元を取れず、損するのでは…?
「500円12ヶ月コース(2018年度版)」の場合、500円分を212日食べれば元がとれるようになっております。生協食堂の2017年度年間営業日数は282日を予定しています。そして、土曜日を差し引いた平日の営業だけでも236日あります。ですので、土曜日に一切使用しなくても、「元をとれない」ということはありませんのでご安心ください。
「900円プラン」がありますが、そんなに高いメニューもあるのですか?
さすがに、1食でそこまで食べる方はほとんどいません。生協食堂は朝食営業や夕食営業も行っています。「900円プラン」はそういった2食、3食利用を考慮した、主に「下宿生」の利用を想定しています。
自宅生ですので、ミールプランは必要ないですよね。
阪大生は多くの人が真面目に授業に出席する傾向にあり、いずれにしろ、お昼ご飯は必要かと思います。自宅生向けには、お昼だけの利用を想定した『500円プラン』の、「夏休み期間(8月~9月)や春休み期間(2月~3月)を外した『8ヶ月タイプ』」をおすすめしております。よろしければご検討ください。ただし・・・!ご自宅からお弁当を持参される方は、必要ないかと思います。
毎日生協食堂って飽きそうですが・・・
こちらをご覧ください。各キャンパスの生協食堂は大変充実しておりますので、バラエティに富んだ食事をお楽しみいただけます。
下宿生ですが、自炊する予定です。ミールプランは必要ないですよね。
実は・・・当初は自炊の予定にしていて、予想外に大学生活が忙しい、または面倒に感じてか、「コンビニ弁当」、「カップ麺やお菓子」、「食事抜き」に陥るケースが多いようです。勿論、自炊することが最も望ましいので、是非頑張っていただきたいのですが、「1日1食はバランスの良い食事を確保できる!」という御守りとして、「500円プラン」をご検討されるのも良いかもしれないですね。
下宿生ですが、長期休講期間は帰省する予定です。ミールプランは使い切れなくて、損をしそうです。
そんな方の為に「夏休み期間(8月~9月)や春休み期間(2月~3月)を外した『8ヶ月タイプ』」があります。よろしければご検討ください。
「12ヶ月タイプ」って、どんな人が利用するのですか?
基本は大学の近隣でひとり暮らしをされている下宿生の方です。生協食堂の2018年度年間営業日数は282日の予定です!夏休みや春休み中も営業しています!!(但し、日・祝・お盆・年末年始は休業)。休みの日でもコンビニに弁当を買いに行くぐらいなら、是非学内の生協食堂で温かいバランスのとれた食事を摂っていただきたいと思っております。 また、住まいは近隣ではなくても、休講期間中も研究等で大学に来られる機会が多い方にもおすすめです。
(近隣にお住まいではなく、また休講期間中はあまり大学に来ないという方は、「12ヶ月タイプ」はおすすめできません。)
結構大食いです。1日900円では足りないです!
生協食堂の価格帯を考えると1日900円で充分かと思っていたのですが、たくさん食べる方では足りないという意見が時々届きます。そのような方は、まずは生協食堂部(TEL:06-6841-9379)までお電話ください。「900円プラン+500円プラン」で1日1,400円まで食べられる特別な設定にすることもできるのです☆
何かの理由で利用しなくなった場合の解約や返金のシステムは?
長期入院や退学・休学・留学等の場合、定められた方法で返金いたしますので、各キャンパス生協事務所(本部TEL:06-6841-3326)へお越しください。(各キャンパスの生協事務所はこちら
生協ICカードを落としたり紛失したりした場合どうなるの?
至急、各キャンパスの生協事務所(本部TEL:06-6841-3326)へご連絡ください。紛失・盗難などの場合は、生協事務所で所定の手続きをしていただくと、再発行いたします(1,000円の再発行手数料が必要です)。カード再発行期間中(約3週間)も仮カードをお渡ししますので、ミールプランは引き続きご利用いただけます。ご安心ください。(各キャンパスの生協事務所はこちら
1日限度額を利用できなかった分は、次の日に繰り越す事ができますか?
食堂利用定期という性質上、申し訳ございませんができません。ミールプランは「食育」の観点から、学生生活の中で、その日にしっかり食事をしていただく事を目的とした仕組みです。とは言え、利用者の中には、少ししか食べられなかった時は翌日の朝用のパンやジュースを買ったり、カフェやデザートで使用するなどして上手に使っている方もいるようです。それでも(割引分を差し引いた)購入金額分の利用ができるかご不安な方は、ご購入は見送った方がよいかもしれません。
・便利だし、毎日学食は使いますが、毎日500円分も食べない場合はもったいない気がしますが…?
・毎日定額近く食べないと損するのでは…?
・毎週土曜日に使わなければ元を取れず、損するのでは…?
ミールプランは、「500円12ヶ月コース」の場合、1日376円食べれば、元がとれるような価格設定になっております。又は500円分を212日食べれば元がとれるようになっております。(生協食堂の2018年度年間営業日数は282日を予定しています。土曜日を差し引いた平日の営業だけでも236日あります。) ですので、「毎日500円までいかないともったいない」ということはありません。
他、賢い利用法として、利用者の中には、1日で残額が出そうになると、翌日の朝用のパンやジュースを買ったり、カフェ利用する等して、上手に使っている方もいるようです。 尚、ご利用いただいている方の傾向では「上限額まで使い切らないともったいない」という意識から、不足しがちな栄養素を補充できるようサラダや小鉢など「もう1皿」取っていただくケースが多いようです。そんな意識からでも、きちんと栄養を摂る習慣に繋げていただければ、と思います。
結局ミールプランって得するんですか?損するんですか?
この質問の答えは、利用される個人によって異なりますので、一概にはお答えできないのです。申し訳ございません。個人のライフスタイル次第ですので、よくご検討の上、お申込みいただくようお願いいたします。ただ、ミールプランには損得以外にも様々なメリットがございます。そちらも検討材料にして、楽しく便利な大学生活をお送りいただけるよう、上手に活用していただければ、と思います。
参考までに…ミールプランは2018年度は約2,700人の阪大生が利用している阪大生協自慢のシステムです☆
ミールプランの内容(利用期間や一日上限額)は変更になる場合があります。詳細は2018年1月頃このWebサイトでお知らせします。

お問い合わせ先

大阪大学生活協同組合 豊中食堂部本部

  • 06-6841-9379
  • fs@osaka-univ.coop

ページTOPへ戻る