セール イベント
   
 
おすすめ新刊紹介「文庫」 [2017年4月3日up]
書名  リバース

出版社  講談社文庫

発刊日付 2017年3月発刊

著者 湊かなえ

本体価格 640円

ISBN 9784062935869

内容 深瀬和久は平凡なサラリーマン。自宅の近所にある“クローバー・コーヒー”に通うことが唯一の楽しみだ。そんな穏やかな生活が、越智美穂子との出会いにより華やぎ始める。ある日、彼女のもとへ『深瀬和久は人殺しだ』と書かれた告発文が届く。深瀬は懊悩する。遂にあのことを打ち明ける時がきたのか―と。

書名  グレイス

出版社  中公文庫

発刊日付 2017年3月発刊

著者 萩耿介

本体価格 760円

ISBN 9784122063792

内容 九州の地頭の子・五郎太は朝鮮出兵に叛逆し、妻子領民を殺された。後に五右衛門を名乗るこの男は追放され、絶望の旅路を彷徨う。マニラで出会った異端の神父、自由を求め舞う女、そして太閤暗殺へ。足裏に刻んだ「仏」の字を踏みにじり、それでも生きる男に訪れた恩寵とは。生の意味を問いかける傑作長篇。
おすすめ新刊紹介「新書」 [2017年4月3日up]
書名 トランプが戦争を起こす日

出版社  光文社新書

発刊日付 2017年3月発刊

著者 宮田律

本体価格 740円

ISBN 9784334039783

内容 アメリカの歴代大統領の大きな課題の一つに、対中東戦略が挙げられる。アメリカの同盟国であるイスラエルの安全をどう守っていくのか、石油をはじめとするエネルギーをどう確保していくのか、そして近年に入って過激化するテロ集団にどう立ち向かっていくのか―。トランプもまた、こうした課題に取り組まなければならない。しかし、新政権から声高に聞こえてくるのは、「イスラム・フォビア(反・嫌イスラム)」的な発言だ。イスラム世界に対する偏見やヘイトが、いかに世界を危うい方向に導く可能性があるかに着目すると同時に、これまで人類が時間をかけて築き上げてきた平和・民主主義・人権といった普編的価値の再考を促す一冊。

書名  帝国大学

出版社  中公新書

発刊日付 2017年3月発刊

著者 天野郁夫

本体価格 860円

ISBN 9784121024244

内容 今なお大きな存在感を持つ旧七帝大。明治維新後、西欧の技術を学ぶため、一八八六年の帝国大学令により設立が始まった。本書では、各地域の事情に応じて設立・拡充される様子、帝大生の学生生活や就職先、教授たちの研究と組織の体制、予科教育の実情、太平洋戦争へ向かう中での変容などを豊富なデータに基づき活写。建学から戦後、国立総合大学に生まれ変わるまでの七〇年間を追い、エリート七大学の全貌を描く。
 
おすすめ新刊紹介「一般書」 [2017年4月3日up]
書名  か「」く「」し「」ご「」と「

出版社  新潮社

発刊日付 2017年3月発刊

著者 住野よる

本体価格 1,400円

ISBN 9784103508311

内容 みんなは知らない、ちょっとだけ特別なちから。そのせいで、君のことが気になって仕方ないんだ―きっと誰もが持っている、自分だけのかくしごと。5人のクラスメイトが繰り広げる、これは、特別でありふれた物語。共感度No.1の青春小説!

書名  村上春樹翻訳ほとんど全仕事

出版社  中央公論新社

発刊日付 2017年3月発刊

著者 村上春樹

本体価格 1,500円

ISBN 9784120049675

内容 旺盛な意欲はどこからくるのか、翻訳が創作にもたらした影響は…。翻訳者・村上春樹が全てを語る。思い入れをこめて訳書1点1点を自ら紹介、36年の道のりを一望する決定版クロノロジー。
 
おすすめ新刊紹介「人文書」 [2017年4月3日up]
書名  人はアンドロイドになるために

出版社  筑摩書房

発刊日付 2017年3月発刊

著者 石黒浩

本体価格 1,900円

ISBN 9784480804693

内容 人間は変わる、永遠の命とともに…。人間とアンドロイドの未来をめぐる5つの思考実験。アンドロイド研究の第一人者が、最先端の研究をステップボードに大胆に想像力をはばたかせた初の小説集。

書名  シンキング・マシン

出版社  MDNコーポレーション

発刊日付 2017年3月発刊

著者 ルーク・ドーメル

本体価格 1,800円

ISBN 9784844366515

内容 人工知能は私たちの生活に確実に侵入しつつある。気鋭の英国人ジャーナリストが、過去から現在に至るまで60年にわたる人工知能開発の歴史、そして「思考する機械」によって変わる人類の未来を検証する。

書名  〈世界史〉の哲学 近世篇

出版社  講談社

発刊日付 2017年3月発刊

著者 大澤真幸

本体価格 2,500円

ISBN 9784062204538

内容 遅れた封建ヨーロッパの中世末期になぜルネサンスと宗教革命という相反する運動が同時進行したのか。ラテン語で書かれた聖書を読めないカトリック信者のジレンマとはいかなるものか。科学革命のハイライトともいうべき「万有引力」は、合理的思考が忌避する遠隔作用ではないのか。西欧だけがなぜ近代へと飛躍しえたのかという謎が今、解き明かされる!
 
おすすめ新刊紹介「理工書」
4月はおすすめの新刊「理工書」はありません。次月以降にご期待ください。
  お問い合わせ先
大阪大学生活協同組合 書籍部
TEL:06-6841-4949[豊2755]
E-mail: book osaka-univ.coop
サイトポリシー 大阪大学生活協同組合 TEL:06-6841-3326(代)