セール イベント
   
ブックコレクション
 
おすすめ新刊紹介「文庫」 [2018年9月3日up]
書名  コンビニ人間

出版社  文藝春秋

発刊日付 2018年9月

著者 村田沙耶香

本体価格 580円

ISBN 9784167911300

内容 「普通」とは何か?

現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作

36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。
日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、
「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。

「いらっしゃいませー!!」
お客様がたてる音に負けじと、今日も声を張り上げる。

ある日、婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は恥ずかしい、と突きつけられるが……。

累計92万部突破&20カ国語に翻訳決定。
世界各国でベストセラーの話題の書。

書名  ポイズンドーター・ホーリーマザー

出版社  光文社

発刊日付 2018年7月

著者 湊かなえ

本体価格 600円

ISBN 9784334776961

内容 女優の弓香の元に、かつての同級生・理穂から届いた故郷での同窓会の誘い。欠席を表明したのは、今も変わらず抑圧的な母親に会いたくなかったからだ。だが、理穂とメールで連絡を取るうちに思いがけぬ訃報を聞き…。(「ポイズンドーター」)母と娘、姉と妹、友だち、男と女。善意と正しさの掛け違いが、眼前の光景を鮮やかに反転させる。名手のエッセンスが全編に満ちた極上の傑作集!
 
おすすめ新刊紹介「新書」 [2018年9月3日up]
書名  信長公記

出版社  中央公論新社

発刊日付 2018年8月

著者 和田裕弘

本体価格 900円

ISBN 9784121025036

内容 織田信長の生涯と事績を知るうえでの基本史料には何がどう書かれているのか。28のトピックに整理して解説を加え、概要を明かす。

書名  文系と理系はなぜ分かれたのか

出版社  星海社 講談社

発刊日付 2018年8月

著者 隠岐さや香

本体価格 980円

ISBN 9784065123843

内容 文系対理系。いつまで経っても終わらない不毛な対立に今、歴史のメスが振り下ろされる。サントリー学芸賞受賞の俊英、待望の初新書。
 
おすすめ新刊紹介「一般書」 [2018年8月31日up]
書名  ブロードキャスト

出版社  KADOKAWA

発刊日付 2018年8月

著者 湊かなえ

本体価格 1,500円

ISBN 9784041054901

内容 陸上の夢が潰えた僕は、まさかの放送部へ。

そこに居場所はあるか。

夢と友情、嫉妬と後悔。大人への反発。
湊かなえだからこそ書けた、心ふるわす新青春小説。

町田圭祐は中学時代、陸上部に所属し、駅伝で全国大会を目指していたが、3年生の最後の大会、わずかの差で出場を逃してしまう。その後、陸上の名門校、青海学院高校に入学した圭祐だったが、ある理由から陸上部に入ることを諦め、同じ中学出身の正也から誘われてなんとなく放送部に入部することに。陸上への未練を感じつつも、正也や同級生の咲楽、先輩女子たちの熱意に触れながら、その面白さに目覚めていく。目標はラジオドラマ部門で全国高校放送コンテストに出場することだったが、制作の方向性を巡って部内で対立が勃発してしまう。果たして圭祐は、新たな「夢」を見つけられるか――。

書名  伝説の入試良問

出版社  大和書房

発刊日付 2018年8月

著者 永野裕之

本体価格 1,600円

ISBN 9784479796640

内容 数学嫌いでも知らないともったいない本当に使える数学だけ凝縮!灘、開成、東大、京大…絶対に飽きさせない傑出した名問を収録!東大→JAXA→人気数学塾塾長の圧倒的にわかりやすい解説!

1 小学校編(「実験」する力が試される問題(本郷中学校2007年度);「帰納」と「演繹」を行き来する問題(桜蔭中学校2009年度) ほか)
2 中学校編(「困難の分割」が必要な問題(慶應義塾女子高校2016年度);演繹的処理の醍醐味を味わう問題(東大寺学園高校2012年度) ほか)
3 高校編(論理の基礎を確認する問題(神戸大学2010年度);絶対に存在するとはどういうことかを学ぶ問題(早稲田大学1996年度) ほか)
4 社会人編(直感に惑わされない判断力が必要な問題(モンティー・ホール問題);複雑な現実から本質を切り取る問題(パーティー問題) ほか)
 
おすすめ新刊紹介「人文書」 [2018年8月31日up]
書名  ホモ・デウス 上

出版社  河出書房新社

発刊日付 2018年9月

著者 ユヴァル・ノア・ハラリ 柴田裕之

本体価格 1,900円

ISBN 9784309227368

内容 「〈宗教的なるもの〉とは、宗教とは異なる、世俗世界性のひとつの条件であって、宗教的というよりはむしろ世俗的な身振りである、というふうに定義しなおすことができるのではないでしょうか。〈宗教的なるもの〉が孕む多くの概念は、コミュニティ内における人間同士の関係性や、人間のみならず動物をも含んだ関係性を司るものであって、この世界における世俗的な生の様式にかかわるものなのです」。
サイードの高弟であり、文化研究/ポストコロニアル批評の領域に宗教(とくに改宗)というモメントを導入した人文学者ヴィシュワナータンの、日本語版オリジナル編集による論文集である。
ヴィシュワナータンはまず、「英文学はインドで誕生した」という新説でデビュー。そして、世俗社会による宗教の抑圧を批判的に検証し、宗教的異端がじつは世俗主義の生みの親であり、かつ批判の根拠にもなりうるというテーゼを、アンベードカル(インド独立の指導者)やラマーバーイー(フェミニズムの先駆者)による「改宗」という行為を通じて論証する。
さらに、オカルティズムや神智学など、西洋キリスト教的世俗主義とは異なる、異他的でオルタナティヴな知の系譜のうちに、世俗社会へのラディカルな批評性を読み取る。懇切な解題とインタヴューをも収録し、ユニークなヴィシュワナータンの活動の歩みが一望できる画期的な論文集。

書名  医療現場の行動経済学

出版社  東洋経済新報社

発刊日付 2018年8月

著者 大竹文雄 平井啓

本体価格 2,400円

ISBN 9784492315071

内容 医者「なぜ患者さんは治療方針を決められないのか」
患者「なぜお医者さんは不安な気持ちをわかってくれないのか」
人間心理のクセがわかれば、溝は埋められる!

「ここまでやって来たのだから続けたい」
「まだ大丈夫だからこのままでいい」
「『がんが消えた』という広告があった」
「本人は延命治療を拒否しているが、家族としては延命治療をしてほしい」
「一度始めた人工呼吸管理はやめられない」
といった診療現場での会話例から、行動経済学的に患者とその家族、医療者の意思決定を分析。
医者と患者双方がよりよい意思決定をするうえで役立つ一冊!
シェアード・ディシジョン・メーキングに欠かせない必読の書。

「行動経済学では、人間の意思決定には、合理的な意思決定から系統的に逸脱する傾向、すなわちバイアスが存在すると想定している。そのため、同じ情報であっても、その表現の仕方次第で私たちの意思決定が違ってくることが知られている。医療者がそうした患者の意思決定のバイアスを知っていたならば、患者により合理的な意思決定をうまくさせることができるようになる。また、医療者自身にも様々な意思決定におけるバイアスがある。そうしたバイアスから逃れて、できるだけ合理的な意思決定ができるようにしたい。患者も行動経済学を知ることで、自分自身でよりよい意思決定ができるようになるだろう。」――「はじめに」より
 
おすすめ新刊紹介「理工書」 [2018年8月31日up]
書名  あたらしいPythonによるデータ分析の教科書

出版社  翔泳社

発刊日付 2018年9月

著者

本体価格 2,480円

ISBN 9784798158341

内容 データ分析エンジニアに求められる技術の基礎が最短で身に付く

ビッグデータの時代といわれ始めて数年が経過しました。
デバイスの進化により多くの情報がデジタル化され、それらのデータを活用しようとデータ分析エンジニアに注目が集まっています。

この書籍では、データ分析において、デファクトスタンダードになりつつあるプログラミング言語Pythonを活用し、データ分析エンジニアになるための基礎を身に付けることができます。

目次(抜粋)
第1章 データ分析とは
第2章 Pythonと環境
第3章 数学の基礎
第4章 ツールの基礎
第5章 応用:データ収集と加工

書名  技術者のための線形代数学大学の基礎数学を本気で学ぶ

出版社  翔泳社

発刊日付 2018年8月

著者 中井悦司

本体価格 2,600円

ISBN 9784798155364

内容 「技術者のための」と冠した数学書の第2弾――線形代数学

「機械学習を支える『数学』をもう一度しっかりと勉強したい」方々に向け、理工系の大学生が学ぶ『線形代数学』を基礎から解説した書籍です。

線形代数学がテーマの本書では、実数ベクトルに限定して、「一次変換」「行列式」「固有値問題(行列の対角化)」といった定番の内容、そして、ベクトル空間の公理にもとづいた、より一般的なベクトル空間の性質を取り扱います。

線形代数学というと、行列式の性質や対称行列の対角化など、「結果は知っているけれど、なぜそれが成り立つかはわからない」という内容も多いかもしれません。

本書では、定義にもとづいた厳密な論理展開とともに、できるだけ丁寧に計算を進めることで、それぞれの内容について、「確かにその通り」と納得できる説明を心がけました。

お好みのノートと筆記用具を用意して、本書の説明と、数式にもとづいた論理展開をみなさんの「手と頭」で、ぜひ再現してみてください。

そして、直感的な理解にとどまらない、「厳密な数学」の世界をあらためて振り返り、じっくりと味わってください。

書名  問題解決のPythonプログラミング

出版社  オライリー・ジャパン オーム社

発刊日付 2018年9月

著者 SriniDevadas 黒川利明

本体価格 2,800円

ISBN 9784873118512

内容 パズルを通じてアルゴリズム的思考とPythonプログラミングスキルを習得できる!
MITで電気工学とコンピュータサイエンスを教えている著者が1、2年生を対象としたプログラミングの授業で実際に使っている教材をもとに執筆したものです。1章につき1つの問題を取り上げてその解答を示します。やさしい問題から徐々に難易度が上がっていくので、教えやすく、また独習もしやすい構成です。問題はすべてPythonで実装され、また、掲載コードはすべて著者のサイトからダウンロード可能で、実際に手元で試すことができるのも、大きな魅力です。論理的な思考を身に付けたり、鍛えることができます。

  お問い合わせ先
大阪大学生活協同組合 書籍部
TEL:06-6841-4949[豊2755]
E-mail: book osaka-univ.coop
サイトポリシー 大阪大学生活協同組合 TEL:06-6841-3326(代)