セール イベント
   
 
おすすめ新刊紹介「文庫」 [2018年5月11日up]
書名  明日の子供たち

出版社  幻冬舎

発刊日付 2018年4月

著者 有川浩 

本体価格 770円

ISBN 9784344427143

内容 想いがつらなり響く時、昨日と違う明日が待っている! やる気は人一倍の新任職員、理論派の熱血ベテラン、“問題のない”16歳、大人びた17歳…。児童養護施設を舞台に、仕事の壁、将来の夢、恋の行方などを描く

書名  村上さんのところ

出版社  新潮社

発刊日付 2018年5月発刊

著者 村上春樹 

本体価格 840円

ISBN 9784101001708

内容 春樹さん、こんなことも聞いていいですか?世界中から集まった質問は何と3万7465通。恋愛・人間関係・仕事など悩ましい人生のモンダイから小説の書き方、音楽や映画、社会問題、猫やスワローズまで、怒涛のメール問答は119日間、閲覧数1億PVに及んだ。可愛くてちょっとシュールなフジモトマサルのイラストマンガを多数加え、笑って泣いて励まされる選りすぐりの473通を収録する!
おすすめ新刊紹介「新書」 [2018年5月11日up]
書名  すごい立地戦略

出版社  PHP研究所

発刊日付 2017年3月発刊

著者 榎本篤史 

本体価格 870円

ISBN 9784569832302

店舗経営者や店舗開発担当者のみならず、営業職や、街歩きが好きなビジネスパーソンにおすすめの一冊。ただの移動や散歩が、戦略図を読み解くビジネスヒント探しの旅に変わる感覚を体験できる。「セブンイレブンは○○角を狙う」「港区と足立区ではどっちが儲かる?」「なぜ大阪と京都の立地戦略は難しいのか」等、3万件の調査実績をもつ店舗開発のプロフェッショナルが語り尽くす、「初めてでも絶対ハマる」立地戦略の話。

第1章 ロードサイド、人間心理を読んだ戦略の宝庫
第2章 出店争いの最前線!群雄割拠のコンビニ業界に学ぶ
第3章 激戦!栄枯盛衰の飲食店、その立地戦略とは
第4章 出店戦略が必要ない!?立地にこだわらない業態
第5章 地域・街・駅、立地戦略に必要な鳥の目・虫の目
第6章 これだけは押さえたい、立地にまつわる実践知識

書名  もうひとつの脳

出版社  講談社

発刊日付 2018年4月発刊

著者 R・ダグラス・フィールズ 小西史朗 小松佳代子 

本体価格 本体1,500円

ISBN 9784065020548

内容 脳内の全細胞の8割以上を占める「グリア」は、電気活動を行うニューロンの間を埋める単なる梱包材とみなされ、長らく軽視されてきた。しかし、近年の研究で、グリア細胞は、ニューロンの活動を感知し、その動きを制御できることがわかってきた。脳に関する科学者の理解を揺るがす、グリア細胞の役割とは?

第1部 もうひとつの脳の発見(グリアとは何か―梱包材か、優れた接着剤か;脳の中を覗く―脳を構成する細胞群;「もうひとつの脳」からの信号伝達―グリアは心を読んで制御している)
第2部 健康と病気におけるグリア(脳腫瘍―ニューロンはほぼ無関係;脳と脊髄の損傷;感染 ほか)
第3部 思考と記憶におけるグリア(「もうひとつの脳」の心―グリアは意識と無意識を制御する;ニューロンを超えた記憶と脳の力;シナプスを超えた思考 ほか)
 
おすすめ新刊紹介「一般書」 [2018年5月11日up]
書名  PK

出版社  カンゼン

発刊日付 2015年12月発刊

著者 ベン・リトルトン 実川元子 

本体価格 2,800円

ISBN 9784862553157

内容 膨大な取材とデータが解き明かす12ヤードの攻防に隠された真実。笛が鳴ってすぐ蹴ってはいけない?助走の角度は30度がベスト/最もキッカーに適任なのはGK?主審は2度目のPKを取りづらい…、etc.

第1章 イングランド病
第2章 オスロ解決法?
第3章 PKのDNA
第4章 PKをめぐるドラマ
第5章 ビッグデータが勝率を上げる
第6章 有名選手ほど失敗する?
第7章 GKはPKキッカーにふさわしいか
第8章 審判とPKの微妙な関係
第9章 他競技に学ぶPK成功法

書名  あやかし草紙

出版社  KADOKAWA

発刊日付 2018年4月発刊

著者 宮部みゆき 

本体価格 1,800円

ISBN 9784041067925

内容 江戸は神田の筋違御門先にある袋物屋の三島屋で、風変わりな百物語を続けるおちか。 塩断ちが元凶で行き逢い神を呼び込んでしまい、家族が次々と不幸に見舞われる「開けずの間」。 亡者を起こすという“もんも声”を持った女中が、大名家のもの言わぬ姫の付き人になってその理由を突き止める「だんまり姫」。屋敷の奥に封じられた面の監視役として雇われた女中の告白「面の家」。百両という破格で写本を請け負った男の数奇な運命が語られる表題作に、三島屋の長男・伊一郎が幼い頃に遭遇した椿事「金目の猫」を加えた選りぬき珠玉の全五篇。人の弱さ苦しさに寄り添い、心の澱を浄め流す極上の物語、シリーズ第一期完結篇!
 
おすすめ新刊紹介「人文書」 [2018年5月11日up]
書名  知性は死なない

出版社  文藝春秋

発刊日付 2018年4月発刊

著者 與那覇潤 

本体価格 1,500円

ISBN 9784163908236

内容 平成とはなんだったのか!?崩れていった大学、知識人、リベラル…。次の時代に、再生するためのヒントを探して―いま「知」に関心をもつ人へ、必読の一冊!

はじめに 黄昏がおわるとき
平成史関連年表 日本編
第1章 わたしが病気になるまで
第2章 「うつ」に関する10の誤解
第3章 躁うつ病とはどんな病気か
平成史関連年表 海外編
第4章 反知性主義とのつきあいかた
第5章 知性が崩れゆく世界で
第6章 病気からみつけた生きかた
おわりに 知性とは旅のしかた

書名  ミクロ経済学の技

出版社  日本評論社

発刊日付 2018年4月発刊

著者 神取道宏

本体価格 1,700円

ISBN 9784535558960

内容 ミクロ経済学の技を身につける前(ビフォー)と後(アフター)では世の中の見え方がガラッと変わる!!ミクロ経済学の練習問題集。『ミクロ経済学の力』に完全対応!

第1章 消費者行動の理論
第2章 企業行動の理論
第3章 市場均衡
第4章 市場の失敗
第5章 独占
第6章 同時手番のゲームとナッシュ均衡
第7章 時間を通じたゲームと戦略の信頼性
第8章 保険とモラル・ハザード
第9章 逆淘汰とシグナリング
 
おすすめ新刊紹介「理工書」 [2018年5月11日up]
書名  Pythonデータサイエンスハンドブック

出版社  オーム社

発刊日付 2018年5月

著者 JakeVanderPlas 菊池 彰

本体価格 4,200円(予価)

ISBN 9784873118413

内容 Pythonでデータ分析や機械学習を行うためのリファレンス!
Pythonのデータサイエンス用のツールを使いこなし、効率よく仕事を進めるための、実用的な情報が詰め込まれたリファレンスです。IPythonとJupyter、NumPy、pandas、matplotlib、scikit-Learnをカバーします。それぞれのトピックについて、押さえておくべき基本、tips、便利なコマンドなどを紹介します。普段、Pythonで、データの操作、変換、可視化、統計的処理、データモデルの構築、科学計算を行う人にとって必須のリファレンスです。

書名  機械学習と深層学習 ―Pythonによるシミュレーション―

出版社  オ−ム社

発刊日付 2018年5月

著者 小高 知宏

本体価格 2,500円(予価)

ISBN 9784274222269

内容 『機械学習と深層学習 C言語によるシミュレーション』のPython版登場!!
 本書は人工知能研究における機械学習の諸分野をわかりやすく解説し、それらの知識を前提として深層学習とは何かを示します。具体的な処理手続きやプログラム例(Python)を適宜示すことで、これらの技術がどのようなものなのかを理解できるように紹介していきます。

書名  Rによるテキストマイニング

出版社  オーム社

発刊日付 2018年5月

著者 JuliaSilge David Robinson 大橋 真也

本体価格 3,000円(予価)

ISBN 9784873118307

内容 「tidy」データの概念に基づいてRでテキストマイニングを行う!
取得した生データをまずは扱いやすいtidyデータに変換してデータ分析を行うことが、最近のRで主流となりつつありますが、本書はそのコンセプトに基づき、著者らが開発した人気のtidydataパッケージを使って、Twitterやニュースサイト、NASAのメタデータなどを分析していきます。著者たちの豊富な経験と科学的理論に基づいた、明確でシンプルなテキストマイニング手法を提示します。

書名  量子アニーリングの基礎

出版社  共立出版株式会社

発刊日付 2018年5月

著者 須藤 彰三 /岡 真 /西森 秀稔

本体価格 2,000円(予価)

ISBN 9784320035386

内容  カナダのベンチャー企業,D-Wave Systems によって「量子コンピュータ」が開発・発売され,反響を呼んでいる。量子コンピュータは,1994年に因数分解を高速で行う量子アルゴリズムが発見されたことを契機に,研究が一気に加速した。当初提案されたのは「量子ゲート方式」と呼ばれるタイプであった。この方式の強みは,量子力学系のシミュレーションなどのいくつかの計算が,通常のコンピュータより大幅に効率よく実行できることにある。しかし,大規模な回路を構成して安定的に演算を実行する技術の開発は途上である。一方,これとはまったく異なるアプローチとして「量子アニーリング」が着目され,D-Wave 社がハードウェアの動作原理として実装して世に出すに至った。量子アニーリングは,当初は磁性体のイジング模型の基底状態を,量子力学的なゆらぎを利用して探索する方法として考案された。基本素子として量子ビットを使うという点では量子ゲート方式と同じだが,当面の目的やその実現方法は異なっている。量子アニーリングは,巡回セールスマン問題などの「組み合わせ最適化問題」に特化したアルゴリズムなのである。
 本書は,量子アニーリングの計算原理の発案者による,日本語で書かれた唯一の解説書である。量子アニーリングの基本的な定式化や動作原理の説明だけでなく,機械学習への応用やベンチマークテストの例,さらにはD-Waveマシンのユーザーインターフェイスの解説まで幅広く取り上げている。

書名 保型形式特論

出版社 共立出版

発刊日付 2018年5月

著者 岡本 和夫

本体価格 5,400円(予価)

ISBN 9784320113312

内容 本書は,主として正則ジーゲル保型形式に関するトピックスで,比較的基礎的と思われる保型形式論の内容の一部を,なるべく予備知識を仮定せずに定義から始めて詳しく解説していく特徴的な書である。
 特に,テータ定数やテータ関数,保型的微分作用素,およびその応用として得られる保型形式環の例などについては,比較的詳しくとりあげている。

 また,分数ウェイトの保型形式や不定符号2次形式のテータ関数・ゼータ関数といった,既刊書ではあまりとりあげられてこなかった新しい内容も詳しく解説している。
 特に本著では,一変数のテータ関数に関する乗法因子の公式における一般のSL(2,Z)の元に対する記述,エータ関数における同様の記述,不定符号2次形式に対してジーゲルの定義したゼータ関数の既知の関数での記述などを盛り込んでいる。(出版社HPより)
  お問い合わせ先
大阪大学生活協同組合 書籍部
TEL:06-6841-4949[豊2755]
E-mail: book osaka-univ.coop
サイトポリシー 大阪大学生活協同組合 TEL:06-6841-3326(代)