セール イベント
   
 
おすすめ新刊紹介「文庫」 [2017年3月2日up]
書名  ビブリア古書堂の事件手帖 7

出版社  メディアワークス文庫

発刊日付 2017年2月発刊

著者 三上 延

本体価格 650円

ISBN 9784048926409

内容 ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく―。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった…。人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる。

書名  旅猫リポート

出版社  講談社文庫

発刊日付 2017年2月発刊

著者 有川 浩

本体価格 640円

ISBN 9784062935616

内容 野良猫のナナは、瀕死の自分を助けてくれたサトルと暮らし始めた。それから五年が経ち、ある事情からサトルはナナを手離すことに。『僕の猫をもらってくれませんか?』一人と一匹は銀色のワゴンで“最後の旅”に出る。懐かしい人々や美しい風景に出会ううちに明かされる、サトルの秘密とは。永遠の絆を描くロードノベル。
おすすめ新刊紹介「新書」 [2017年3月2日up]
書名  サイコパス

出版社  文春新書

発刊日付 2017年2月発刊

著者 中野信子

本体価格 780円

ISBN 9784166610945

内容 とんでもない犯罪を平然と遂行する。ウソがバレても、むしろ自分の方が被害者であるかのようにふるまう…。脳科学の急速な進歩により、そんなサイコパスの脳の謎が徐々に明らかになってきた。私たちの脳と人類の進化に隠されたミステリーに最新科学の目で迫る!

書名  話すための英語力

出版社  講談社現代新書

発刊日付 2017年2月発刊

著者 鳥飼玖美子

本体価格 800円

ISBN 9784062884112

内容 「英語を話したい」という悲願に近い声が強まっている。日本語との言語間の「距離」がある英語苦手意識を克服する方法論を紹介。新しい英語学習法、「本当に伝わる」英会話の核心を伝授する1冊。
 
おすすめ新刊紹介「一般書」 [2017年3月2日up]
書名  終わりなき夜に生れつく

出版社  文藝春秋

発刊日付 2017年2月発刊

著者 恩田 睦

本体価格 1,500円

ISBN 9784163906096

内容 強力な特殊能力を持って生まれ、少年期を共に過ごした三人の“在色者”。彼らは別々の道を歩み、やがて途鎖の山中で再会する。ひとりは傭兵、ひとりは入国管理官、そしてもう一人は稀代の犯罪者となって。『夜の底は柔らかな幻』で凄絶な殺し合いを演じた男たちの過去が今、明らかになる。

書名  夜行

出版社  小学館

発刊日付 2016年11月発刊

著者 森見登美彦

本体価格 1,400円

ISBN 9784093864565

内容 『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』『きつねのはなし』代表作すべてのエッセンスを昇華させた、森見ワールド最新作!旅先で出会う謎の連作絵画「夜行」。この十年、僕らは誰ひとり彼女を忘れられなかった。
森見登美彦、10年目の集大成。
 
おすすめ新刊紹介「人文書」 [2017年3月2日up]
書名  世界と僕のあいだに

出版社  慶應義塾大学出版会

発刊日付 2016年10月発刊

著者 タナハシ コーツ

本体価格 2,400円

ISBN 9784766423914

内容 黒人の肉体は自らの所有物ではなく、「国民の自由と平等」を掲げるアメリカ、白人によって築かれた祖国アメリカの歴史を支えてきた資源にすぎない―。冷徹な現実認識をもって、現代アメリカ社会の矛盾を描き、黒人が生き抜く術を教える、父から息子への長い長い手紙。2015年度全米図書賞受賞の大ベストセラー。

書名  ガラパゴス・クール

出版社  東洋経済新報社

発刊日付 2017年2月発刊

著者 船橋洋一

本体価格 2,800円

ISBN 9784492223765

内容 「クール・ジャパン論」を超えた21世紀の新ジャポニズム論ここに誕生。日本の「宝の持ち腐れ」の部分に光を当て、それが日本ばかりか世界の21世紀型経済発展のフロンティアになることを示す。
 
おすすめ新刊紹介「理工書」 [2017年3月2日up]
書名  3次元リッチフローと幾何学的トポロジー

出版社  共立出版

発刊日付 2017年3月発刊

著者 戸田 正人

本体価格 4,500円

ISBN 9784320112032

内容 ペレルマンがサーストンの幾何化予想を解決してからすでに10年が経ち,その手法はすでに幾何学の基礎になりつつある。本書ではその手法を最小限の知識を前提として解説することを試みた。
直接解決に用いられたリッチフローの解析について述べるだけでなく,予備知識がない読者でも幾何化予想の内容を無理なく理解できるよう最初にページを割いて3次元多様体論,とくに幾何構造と標準分解について述べた。リッチフローに関しては最大値原理やコンパクト性定理など基本定理について初歩から論じ,これらの準備のもとにペレルマンの主要なアイデアを解説していく。また原論文を読もうとする意欲ある読者の指針となるように,最後に予想の解決の技術的な議論を概観した。

書名  Rによるデータサイエンス(第2版)  

出版社  森北出版

発刊日付 2017年3月発刊

著者 金 明哲

本体価格 3,600円

ISBN 9784627096028

内容 Rのバージョンアップに対応
深層学習やネットワーク分析など
ますます充実するパッケージの解説を追加!

書名  Rによる機械学習

出版社  翔泳社

発刊日付 2017年3月発刊

著者 ブレット・ランツ

本体価格 3,800円

ISBN 9784798145112

内容 AI(人工知能)の基礎技術となる機械学習は、ここ数年で飛躍的に進化を遂げました。
その要因として、コンピュータの性能の向上とネットワーク網の発達、そして取得データの
増加が挙げられます。

本書はそれら膨大なデータから、統計学の成果をもとに、有意な事象を正確に抽出する
分析・解析手法をR言語で実する方法をまとめたものです。


書名  量子情報工学

出版社  朝倉書店

発刊日付 2017年3月発刊

著者 富田章久

本体価格 3,400円

ISBN 9784627853812

内容 ◆実用化を迎えた量子情報技術
従来のコンピュータとは比較にならない高速計算,決して破られない暗号など,夢のように語られてきた「量子情報」の技術.その現実性が見えはじめた今,電子・情報系のエンジニアにとって最も魅力的なテーマの一つとなっています.

◆難解な理論を,実際の物理系に即して解説
量子力学と情報理論が交差する量子情報の理論は,他の工学分野に比べてもとっつきにくいものです.本書では,量子暗号の実装技術のトップランナーの一人でもある著者が,大学で電子・情報系の学生に量子力学を教えてきた経験を生かし,量子情報の理論と技術の基礎を紐解きます.

- 量子力学の物理と数学を,量子情報に必要な内容に絞って解説.
-「量子ビット」「量子回路」「量子もつれ」などのキーコンセプトを平易に導入.
- すでに実現されている/実現可能性の高い物理系を取り上げ,量子暗号・量子計算の具体的な動作を説明.

――これから量子情報技術の研究・開発にかかわる人に,格好の入門書!
  お問い合わせ先
大阪大学生活協同組合 書籍部
TEL:06-6841-4949[豊2755]
E-mail: book osaka-univ.coop
サイトポリシー 大阪大学生活協同組合 TEL:06-6841-3326(代)